撫子の花びらたち

すべての出会いは幸せのためであってほしい

ラグビーってやっぱりいいな

随分と久しぶりのラグビー観戦

花園に続く福岡県代表決定の決勝戦

常連の東福岡と久しぶりの修猷館

東福岡はここまでの試合、百点ゲームを続けており

いったいどんな試合をしてきたのかそれも興味津々

その東に修猷館がどう戦ってくれるか楽しみでたまらない

これまた久しぶりの春日公園へ黄色く色づいた銀杏を見ながら向かう

会場はかなりの入り

聞けば1時間ほど前の開場時にすでにかなりの人が待っていたらしい

バックスタンドには両校の応援

高校の人数自体も違うとは思うが東の動員には感心する

天気が良くて暑いほどで上着を脱いだ高校生たちのシャツの白さが眩しい

一方の修猷は人数こそ東には及ばないもののやはり応援の生徒と

そして、ひときわ大きな団旗のもと応援団の端正な整列が目を引く

f:id:nadeshiko1110:20211121232146j:plain

 

前半、なかなか点数が動かない

東のメンバーの体格は相変わらず高校生離れしている

しかしながら修猷の選手もひるむことなく

幾度となく相手陣地に攻め込むし

相手チームの攻撃も果敢なるタックルで止める

チャンスを生かした東のトライがあるものの

かなり長い時間、0ゲームでそしてそのあとも7点のみの差で過ごす

 

しかしながら東がボールを持った時の攻撃は鮮やかで

正面からタックルすれば跳ね飛ばされ

止めようと絡んでも走るその脚は止まることをせず

走りだせばギャップをすり抜けあとは追うしかなくなる

そしてトライの位置取りの良さとゴールキックの確かさで

トライのたびに確実に7点を重ねる

前半半ば、3トライばかり入ったあたりで

その東の底知れぬ力は観客にもしっかりと実感されたような気がした

 

ああ、きっと今までのチームはここで折れたんだろうな

いや、折れなくても着々と得点を重ねる東に

どうやって対処したらいいのか試しながらも試しているうちにも

東は着々と得点していったのだろう

 

 

それでも点差がいつの間についていたのか!

と驚いてしまうような試合としてはしまった試合だった

修猷館の面々は最後まで果敢に戦ったし

東のプレイも誠実なものだった

東の鮮やかなトライにため息をこぼし

修猷の粘り強いディフェンスに拳を握り

応援の声を上げそうになるのを(できるだけ)抑えた

 

 

そして何度か涙が溢れそうになるのをこらえた

そうだ

これが高校ラグビー

私が一番先に好きになったラグビー

 

修猷館の選手たちは最後まで全力で戦った

試合終了まであと数分の東のトライの後

ゴールポスト近くで次のプレイへの声掛けをしていた

そして最後の東のゴールキックのそのとき

ずらり並んでチャージを狙う修猷館の選手たち

その中でもいちばん高く右手を伸ばしていた選手の

真剣なその指先に込められた気迫と情熱が見えるようだった

 

いい試合を見せてもらった

試合を観に行くことも難しかった去年からの日々

ともすればわたしにとってラグビーはもう過去のものか?

ワールドカップで燃え尽きてしまったか?

などと考えたりもしていたけれど

いい試合はラグビー熱を思い出させてくれる

 

両校の素晴らしいプレイを見せてくれた選手たちに

感謝とともに大きな拍手を!!

ラグビーってやっぱりいいものです

 

f:id:nadeshiko1110:20211121232305j:plain

夏が過ぎてゆく

まあなんということでしょう

冗談じゃなく「季刊」になりそうな更新頻度でした

新型ウイルスだとかワクチンだとか緊急事態宣言だとか

今までなかったことばかりに翻弄されて

公私というか、仕事に関しても日常に関しても心揺れまくりの毎日

夏バテして体調が悪くても病院にも行く気にならず

なんとか凌いでいた日々

ようやく少しずつ体調も戻りそれとともに気持ちも上向き

夏を愛するには体力も気力も要るんだろうね

もう戻れない日々を少しだけ悲しみながらもホッとしているところ

 

週一のダンスのサークルだけはサボらずにずっと参加

私の最後の砦のような、健康のバロメーターのような

 

サークル最年長のお姉さまはお年は召されても

いつもマイペースでお元気できれいにされている

海外旅行の趣味はいまはさすがに自粛中といわれるけれど

ダンスのほかに週に何回も乗馬に通う素敵な方

朝は4時過ぎに起きて軽くおなかに入れてから

散歩を1時間ばかりしてそれから庭のお手入れ

お昼からは乗馬に出かけて午後はご自分の馬と過ごす・・と

 

セレブぶりは逆立ちしても真似できませんが

それどころか早起きも散歩もスゴ過ぎる!

そして最後に

「こんな風な毎日、あと10年続けられたらいいなあ」

あと10年経ったらおいくつになるかは教えてもらえなかったけど

彼女曰く「そこまで続けば新記録達成できるかな?」とか

 

なんだかねえ

きつい~!バテテる~!なんてうだうだ言ってる自分が

恥ずかしくなった・・というか、それを通り越して

そうか!そんな風になれるんだ!自分次第なんだ!と

年をとることに甘えてちゃいけないと思わせられました

 

今年の夏は過ぎていきます

少し過ごしやすくなってきたから私も動き始めよう

来年の夏は笑顔で迎えられるように

そんな毎日を自分なりに大切に過ごしたいと思った今日でした

 

 

 

 

4月が始まった!

早いもので4月

確定申告が〜!年度末の提出物が〜!

と、言っている間に3ヶ月経っちまいました

昨日は久々にダンスの個人レッスンに

体力はガタガタに落ちているけれど

ダンスに関してはそうでもないのは

昔やったことがあるからこそ

少し無理をしようかと思えるところと

常に鍛えているセンセイが無理なく

お相手をしてくださるからでしょう

そして、

次の日(今日)はうっすらと全身筋肉痛

でもこれはかなり気分の良いヤツ

冬にいきなりYouTubeで鍛えて

腹筋の肉離れを起こしたことは不覚でした

昨夜から今朝にかけての夢には

ラグビーや畑で集まる仲間たちが登場

前半はジャガイモを収穫し

後半はなにかの企画の打ち合わせをしていたみたい

前後半のはっきりした夢って珍しい

そろそろまた動き出したい気持ちかもね

今年度の目標を決めるには

明日以降にすることにします

夢(嘘)になったら困るからね(笑)

進化途中

先週のダンスのサークルで

センセイとのダンシングをスマホ撮影してもらった

仲間内で時々お願いして撮影できるようになったので

気持ちと時間に余裕のありそうなときにお願いする

記録を見ると一年ぶりくらいだった

自分でも少しぐらい踊れる気分の時

もうひとつ頑張りたい気分の時

そんな時に思い切って撮ってもらう

一年前よりは少しまし

でも自分で踊ってる気分ほど踊れてない

センセイに注意されるところ、こういうところかな?

と、色々考えながら何回も見てみる

そして一週間後の今日、早めにレッスン場に行けたので

センセイにそのことを話してみた

身体の軸と動きの連続性

その時その時で目指すもの

切ってから炒めるか煮ながら切るか

みたいな料理に例える話をしてくれたんだけど

センセイ、すみません

お料理の話はとてもよくわかるのですが

そのたとえでダンスの何を表しているのかが

いまひとつよくわかりません

と、まあかなり求めるものが複雑になってきているのだよ、と

それはとりあえず進歩を喜んでいいのでしょうかね(笑)

そろそろ割り算に入っているとも言われた

(足し算・引き算・掛け算を経て・・ということね)

まあ、数学にはまだまだ程遠いのもよく知ってますけどね

 

動かしていないと衰える

でも動かし始めると体は動きを思い出す

悩むより動け!は何事にも通じる大事な言葉

ささやかな進化でもまだ可能性がある限りは

高みを目指す・・というか上を向いて踊りたいものです

夢の中で

久しぶりにあなたに会った

何とは無しに街を歩いて

立ち止まったらキスをした

あなたの顔を見ているはずなのに

二人のことが見えていたから

ああ、夢の中なんだなあって

ぼんやり思いながらキスしてた

夢の中でもかまわない

想っていたのか

そうでもないのか

ただ目覚めた時に

ふふん!と、笑えたから

それだけでいい

活性化

昨日のダンスサークルにて

踊り終わってホールドを解いたときに

センセイのひとこと「そうっ!」

その短い一言がなんとも嬉しかった

 

その4日前、随分久しぶりにスタジオに個人レッスンを受けに行った

いつもながら当日ダメもとの予約伺いを入れて

オッケーが出たので仕事を終わらせてから行った

土曜日、休みにするはずだったのに仕事が入って

これはそれだけで帰るのにはもったいない気分

帰りにフィットネスジムに行こうかとも思ったけれど

室内で歩く気にもなれず

プールはともかくそのあとお風呂に入る気にもなれず

ここはやっぱりダンスの気分だよね!と

思い立ったが吉日の予約伺い

レッスン用の着替えはもうすでに車に積む予定だったけど

出かけるまえにオッケーがもらえたので

仕事にいく脚もすこしばかり軽やかになる

 

スタジオは貸し切り状態でレッスンも気分次第

ルンバとワルツを重点的に理論と体の動かし方と

もちろんダンシングとついでにソシアルダンス業界のいろいろなど

大した運動量でもなかったけれど納得しながら踊るのは

何とも言えない充実感がある

そして教える人としてまた選手としても現役の先生の話は

どこかいろんなことと重なることがあって

その姿勢に反省させられたり尊敬の念を抱いたり

 

今回特に心に残ったのは重心移動とその足の使い方

その昔、ラグビー選手のステップをスローで観た時に

そのスパイクの動き方がまるでひとつの生きもののように

着地から蹴り出しまでにどれほど複雑な動きをすることかと

とても驚いたことがあった

トルソーから股関節、ひざの向きに足首の動き

今の場所と向きから次に進む方向と形へと

滑らかにゆるやかに迅速に的確に動きを連ねる

それができるかできないかで踊りのダイナミックさと美しさと

そして体に変な負担をかけずに安全に力が出せるかどうかがかかっている

これから先、どれだけ楽しめるかも

そのあたりをマスターできるかにかかってるかも

「理に適う」って、ほんとに大事なことだと思う

 

充実感だけでなくレッスンの後は

身体がほぐれているしまた動かしたくなる

あの日ダンスを選択した私は正解だったなと嬉しくなる

 

サークル後にこの間のお礼を言って

あれから体調というか気分というかいいんですと報告すると

「活性化したかな?」そうそう!まさにそれ!

 

自分が長く付き合っているものごとで

自分の今の状態が分かる

ましてやひとりではなくそれを見てくれる人がいれば

落ち込むことなく客観的になんらかの対処ができる

ある意味センセイはパーソナルトレーナーみたいな存在?

 

 

ダンス、少しまじめにやろうかな?

と、数年周期で起こるこの感情

まあ、ダンスに限らずすこし体を動かしましょうと

ちょっぴり秋の気配を感じつつ思ったりしているところ

 

あ、ダンスシューズそろそろ新調しなくちゃ!

 

 

 

ぬくもり

こんなことになって

そばにいられるのはますます特別なことになる

ときめきもぬくもりも

なにから始めればいいのだろう

好きな人に触れたいという想いは

どんなものを母にして産まれるのだろう

 

愛された記憶

触れられた記憶

遠く遠く子守唄の昔の優しい思い出か

 

あたたかなぬくもりとともに

あたたかな優しい言の葉があればいいと思う

 

触れる人にはもちろん

触れぬ人にも触れられぬ人にも

柔らかなシャワーのような言葉で

乾いた心を潤すことができればいいと思う